0
¥0

現在カート内に商品はございません。

佐賀県

佐賀市漁村女性の会

TOP > 生産者 > 佐賀市漁村女性の会

世界に誇れる佐賀海苔の美味しさを知っていただきたい

合同会社佐賀市漁村女性の会 代表 古川由紀子さん

子育てを終え、地域のために何か仕事がしたいと、西与賀漁業協同組合(現・佐賀県有明海漁業協同組合)の職員になった古川由紀子さんは、信用事業を担当することになった。漁協の信用事業とは、簡単に言うと組合員の貯金や貸付など金融事業の総称で、多くの漁協では女性部の担当も任されている。古川さんも信用事業とともに女性部活動の支援を行っていた。

女性部活動とは、漁家の女性たち、漁師の奥さんたちが集まって地域活動などを行うことで、ご主人が獲ってきた水産物の余りを加工販売したり、それを地域イベントに出店してイベントを盛り上げたり、かと思うと海岸の清掃活動や海を守るための活動、ご主人を守るためのライフジャケット着用推進運動、さらに貯金推進運動など、多岐にわたって繰り広げられている。女性部活動は、基本的にボランティア。漁家の忙しい合間を縫って、行われている。
古川さんも、当初は全員参加型の女性部活動を見守っていた。
平成13年、女性部の中に加工品事業部を結成し、本格的な商品開発に取り組む。一番摘み佐賀海苔を使用した海苔の佃煮と紀州梅を組み合わせた「うまかのり梅(ばい)」を商品化し販売を開始した。施設や加工機材は組合から借り上げた。この「うまかのり梅」は平成16年、全国漁業協同組合連合会主催の「シーフード料理コンクール」(水産物加工品の部)でみごと農林水産大臣賞(最優秀賞)を受賞。マスコミにも取り上げられ、販路が広がっていき、事業は軌道に乗るかと思われたが、やはりボランティアであること、海苔の最盛期には活動できなくなることなどから、部員たちが少しずつ離れていった。
「誰かが中心となって、本格的な経済活動にしなければ誰もついてこない」と確信した古川さんは、周囲の反対を押し切って漁協を退職し、佐賀海苔の加工に専念した。女性部員はわずか数名しか残らなかった。
古川さんは、それまでの加工工程などを徹底的に見直し、効率化を進めた。それと同時に、県主催の勉強会などにも積極的に参加し、技術やノウハウ、人脈などを養っていった。
道のりは、けっしてたやすくはなかった。「明日がこなければいいのに」と思った夜も数えきれないという。それでもがんばれたのは「応援してくれたり、背中を押してくれたり、目には見えない協力者がたくさんいるので、途中で投げ出すことはできなかった」と古川さんは振り返る。
平成20年、合同会社「佐賀市漁村女性の会」を正式に法人化した。女性部のときから古川さんを支えてくれた二人の海苔生産者と、東京の大手広告代理店で働いていた高校時代の同級生が広報担当として、古川さんとともに佐賀海苔への情熱を燃やし続けている。

生産者からのメッセージ

佐賀県 合同会社佐賀市漁村女性の会
代表 古川由紀子 さん

佃煮は保存料など一切使っていません。焼き海苔は、注文が入ってから丁寧に焼き上げます。材料となる佐賀海苔も、自分たちの海苔に誇りを持つ漁師さんが生産してくれています。この機会にぜひ、世界に誇れる佐賀海苔の美味しさを知っていただきたいと思います。

佐賀市漁村女性の会産地情報

有明海の最奥部、佐賀平野の南側に佐賀海苔の漁場が広がる。干満差が大きい有明海では、支柱を立てて海苔養殖が行われている。「ひび」と呼ばれる竹製の支柱。今では10メートル以上もあるグラスファイバー製のひびもあるそうだ。
満潮時には、有明海に流れ込む一級河川からの豊富な栄養分を海中で吸収させ、干潮時にはひびに張り巡らせた海苔網を水面より干し揚げて太陽の光を当てて光合成を促す。こんな自然をうまく活用した有明海ならではの養殖だからこそ、香り高く口どけのよい、美味しい海苔ができるのだ。
また、国内では有明海沿岸の干潟にしか自生しない「シチメンソウ」という、絶滅が危惧されている貴重な塩生植物が、東与賀海岸で保護されている。10月下旬に訪れたとき、「海の紅葉」と呼ばれるとおり、海岸一帯が赤く染まるほどに紅葉していた。
夕焼けとシチメンソウが、海岸にみごとな赤色のグラデーションを描いていた。

そんな自然あふれる有明海を見晴らす東与賀海岸から車で数分の距離に、佐賀市漁村女性の会の本社がある。かつては運送会社だった社屋を借りている。
平成20年に正式に法人化した会の結成目的は「地域海産物を活用し、キズなどにより規格外品となった共販出荷不納品に付加価値をつけ、二次加工品を開発することで、地域特産品としての商品性の向上を図りながら『うまい佐賀のり』の高級ブランド化を図る。」
佐賀県で養殖される海苔は、漁協の共同販売(共販)を通して全国へ販売されているが、その分、規格が厳しい。どんなに品質がよくてもちょっとした穴があればもう、規格が落ちてしまう。そんな品質の高い規格外品をなんとか商品化したいと、漁師の奥さんたち女性部員が立ち上がって、加工品作りを始めた。彼女たちの基本は、そこにある。
だから、ご主人が誇りを持って生産した海苔を、彼女たちがプライド高い商品へと仕上げる。そこには妥協はまったく感じられない。まさに世界に誇れる海苔だと思う。

ページトップへ