0
¥0

現在カート内に商品はございません。

三重県

珍海堂

TOP > 生産者 > 珍海堂

お伊勢さんの下さりものを獲れせてもろうて100余年
伊勢海老箱詰がお送りする伊勢志摩の海の幸

三重県 有限会社珍海堂
取締役専務 水谷友紀 さん

有限会社珍海堂は、温暖な気候と美しいリアス式海岸に恵まれ、海女や真珠で知られる三重県・鳥羽の地で大正8年創業。以来、“珍”しい“海”の幸を一“堂”に集め、当地を訪れる人々に提供してきた。
鳥羽名産の伊勢海老を箱詰めして、生きたまま全国に配送する取り組みは昭和初期から行われ、アワビ・ウニ漬けの発明や伊勢海老100%の粉末を使用したオリジナル菓子の開発など、同社はアイデアに満ちた歴史を誇る。また、12月には「伊勢海老オイル」が県内の特徴ある優れた産品を選出する「みえセレクション」に認定され、珍海堂の商品からは目が離せない。
この日お話を伺った、取締役専務の水谷友紀氏は創業者一家の4代目。主力商品の伊勢海老では、生きのよい伊勢海老を全国の食卓に届けるだけでなく、調理レシピを添え、料理の苦手な人向けに調理済みの具足煮を開発するなど、細かな配慮を忘れない。また、「コロナ時代にあって、鬱屈した気分は伊勢海老を食べて吹き飛ばしてほしい」と、伊勢海老にかける想いは大きい。


ページトップへ